雨漏りで実家の居住性が著しく低下した実体験

私の親が住んでいる実家は築年数が長い木造住宅なので建材の劣化が進んでいるのが悩みでした。

立て付けの悪さやすき間風の他、雨漏りが発生することも親の生活に支障をきたしていました。

雨漏りがする部屋には家具を置くことが出来ず、空き部屋になっていました。

雨漏り情報サイトについて考えます。

また、雨水の浸食が室内に湿気を滞留させてしまい、壁紙の剥離や食材にカビが生えるなどの実害にも見舞われていました。


私は住宅のリフォーム工事を行うように勧めましたが、費用が嵩むことや工事によって思い出の実家が解体されることを理由に拒否していました。

しかし、湿気によって体調不良を引き起こしたことや、リフォーム工事の費用を私が全額負担することを説明したことでようやく不具合を直す工事に同意してくれました。

業者にリフォーム工事を依頼する際は出来るだけ元の状態を保つことをお願いしました。

1人1人に合った小豆島のバス情報もきっとあるはずです。

その結果、雨漏りによって腐食した建材や配管設備などは丸ごと交換する必要がありましたが、わずかに湿気を吸った程度の部分については除湿剤の使用に留めてくれました。

リフォーム工事は当初の見込みと比べて大掛かりになりましたが、作業そのものは数日で終わりました。

マンション雨漏りについてわかりやすく説明しています。

その一方で建物全体に籠った湿気を完全に取り除くためには窓の開放や市販の除湿剤を使うなどの対処を施しても一週間程度かかってしまいました。
現在では室内に雨水が入り込むことは無くなったので湿気が籠らず、居住性が改善されたことで親も健やかに暮らしています。

Copyright (C) 2016 雨漏りで実家の居住性が著しく低下した実体験 All Rights Reserved.