雨漏りが起きた場合に

強い雨や台風などが起こったときに雨漏りがおきてしまうといったケースも少なくありません。雨漏りが起こった箇所によって変わってきますが、窓まわりから入ったパターンについて少し見ていきたいと思います。
窓まわりから雨が入る原因として考えられるのがサイディングとサッシまわりのコーキングが考えられます。

コーキングは年数による劣化などにより雨漏りを起こしてしまうことも多いです。
そのような時の対処方法としてコーキングのうちかえを行うことです。



雨が降っている最中には行うことができませんが、翌日や晴れ日に行うことができます。

カッターでコーキングを切り取っていき、古くなったコーキングを撤去します。



次にマスキングテープなどでコーキングをならす場所を養生していきます。
コーキングを打つ前に、プライマーなどで接着力をあげると良いかと思います。

プライマーは塗ってから時間を置くことでコーキングがくっつきやすくなるので、ここに注意が必要です。


プライマーをしっかりと塗って時間を置きます。



プライマーを塗る前にはゴミや古くなったコーキングの取り残しがないかを確認してから行うと良いです。


コーキングをしっかりと入れたらヘラなどできれいにならしていきます。
この際に、空気をいれないようにヘラでならしていくと良いです。

空気が入ってしまうと穴が空いてしまい意味がなくなるので注意が必要です。

これらの作業を行うこと快適な生活を送ることができます。

Copyright (C) 2016 雨漏りが起きた場合に All Rights Reserved.