雨漏りの影響で湿気が異常に多くなった

自宅が雨漏りしているかもしれないと感じたのは、湿度が80パーセントを超えたからでした。

季節や天候によっては80パーセントを超えることはあっても、常に湿度が高いのは異常だと思い、家中の点検を行いました。


そこで目にしたのは、壁に染み出した雨漏りの跡でした。

一面に大きくシミが残っており、変色して一部は腐食していました。
このまま放置してはいけないと思い、すぐに専門業者へ連絡しました。

ネットで評判の外構業者に依頼したのですが、返答が早くて助かりました。



気になる利用料金の質問をした時も、希望に応じて見積もりを出してくれたので、イメージしやすかったです。


また基本料金以外の料金の質問をした時も、分かりやすく丁寧に答えてくれたのが印象的でした。

自宅の予定と業者の都合を照らし合わせたところ、相談から3日後には自宅へ来てくれることになりました。



自宅へ着くとまず行ったのは、現状の確認と必要な工事を判断する事でした。



思ったよりも腐食が進行していたため、ごっそりと張り替えることになりました。
そのため当初の予算よりも大幅に工事費はオーバーしましたが、事前に説明があったので安心できました。


雨漏りの原因は、亀裂から水がしみ込み住宅構造に影響を与えている事でした。
そのため亀裂を綺麗に埋めて、再度雨がしみ込んでこないように、防水シートを敷きました。

全ての作業がテキパキと進んでいくため、施工は2日ほどで終わりました。

今後の予防法も教えてもらい、自宅を安全な場所に仕上げることができました。

Copyright (C) 2016 雨漏りの影響で湿気が異常に多くなった All Rights Reserved.