実家の雨漏りを解消する修繕工事を依頼した体験談

私の祖父が住んでいる実家は戦前に建てられた古い造りなので建材の劣化が進み、所々に損傷が生じていました。
また、実家がある地域は雨が降りやすいことから屋根のトタン板もサビが浮き出ていました。



祖父は程度の軽い傷みを自分で直していましたが、屋根の損傷だけは素人作業では危ないと、そのまま放置していました。


そのため、雨水が入り込むようになり、遂には雨漏りに見舞われてしまいました。

最初のうちは室内で気づかずに水をこぼしたと誤解していましたが、雨が降るたびに同じ場所が濡れていることに気づいてからは雨漏りが生じていると確信しました。



天井が雨水によって常に湿った状態になっていたことから室内にカビが生えるようになったのも建物の傷みが進んでいることを気づかせる要因の一つでしたが、祖父はお金がかかることを理由に業者による修理作業を拒否していました。



しかし、湿気が籠っている室内で過ごすと病気になりやすくなることや、湿気で腐食した建材は耐久性が落ちているので家が壊れる可能性があることを説明したことでようやくリフォーム工事に同意してくれました。

業者による工事は手際が良く、綺麗に仕上がりましたが、その一方で屋根や天井の建材を丸ごと交換する必要があったので費用が嵩んでしまいました。

また、室内に籠った湿気を取り除くために市販の除湿剤を多用したのも支出額の増加に繋がりましたが、雨漏りをはじめとする不具合が解消されたことに祖父はとても満足していました。

Copyright (C) 2016 実家の雨漏りを解消する修繕工事を依頼した体験談 All Rights Reserved.